ユーザーと対話可能な人工知能プログラムの開発を成功させたジョン・マッカーシー。

彼は「人工知能が世の中に広がりだせば、すぐに誰も『人工知能』と呼ばなくなる」と語りました。

人工知能の名付け親であり“現代人工知能の父”ともいわれるジョン・マッカーシーとはどのような人物なのか。
経歴から人工知能の研究内容を紹介していきます。

 

 

ジョン・マッカーシーとは

時は1956年。人工知能の始まりといわれているダートマス会議で、『現代人工知能の父』ともいわれるジョン・マッカーシーの“artificial intelligence(=人工知能)”という発言により世に広まり始めました。ダートマス会議は国際会議ではなく、研究者たちが1週間ほど集まって研究発表するというワークショップのようなものでした。

 

ですから、「人工知能」という言葉は生まれましたが、今のようなクローンのようなイメージではなく、人間の知能でしていることを機械にさせることを目的とした研究だったのです。

 

人工知能分野の先駆者として有名なジョン・マッカーシーは、1927年9月4日、ボストン生まれ。小さい頃からとても優秀で、2年早く高校を卒業した後、カリフォルニア工科大学の数学を独学しながらそのまま進学します。

 

数学で2学年先に飛び級したにもかかわらず、体育の授業に出なかったために退学になりましたが、陸軍で兵役してから再入学が許可された後、1948年に数学の学士号を取得したという、秀才ゆえの奇天烈なエピソードを持っている人物です。

 

 

・1950年 プリンストン大学に移籍

・1951年 プリンストン大学博士号取得、同大学講師

・1953年 スタンフォード大学臨時助教授

・1955年 ダートマス大学助教授

・1958年 マサチューセッツ工科大学助教授

・1961年 マサチューセッツ工科大学準教授

・1962年 スタンフォード大学教授

・2001年 退官

・2011年10月24日 逝去

 

 

学生時代からすでに人工知能の研究をしていたジョン・マッカーシーは、今のコンピュータの原点となる、時分割処理(Time Sharing System)を可能にした他、プログラミング言語LISPや極小限定(circumscription)などの業績を残しています。

 

 

 

ジョン・マッカーシーの人工知能に関する研究内容

ジョン・マッカーシーが目指し、実現させてきたのは、「ユーザーと対話できる人工知能プログラムの開発」です。単に命令をしてコンピュータに仕事をさせるのではなく、人間の生活を豊かにするためのコンピュータ活用を提唱し、長年にわたって人工知能の研究に尽力してきました。

 

研究人生で、マサチューセッツ工科大学(MIT)時代にプログラミング言語「LISP」の開発や「タイムシェアリング・システム」を考案したことは、あまりにも有名なことでしょう。

 

プログラミング言語「LISP」の特徴はユニークでシンプルなものです。特別ではない、当たり前の関数を組み合わせてプログラミングする言語で、プログラム中でプログラムが生まれて実行することが簡単にできたために、大学や研究機関で急速に使われるようになっていきました。

 

「タイムシェアリング・システム」においては、開発された1960年代の当初は、現在のタイムシェアリングとは違いました。初期段階の役割として、当時のメインフレームをパワフルなシステムとし、ユーザー単位での有効利用をする目的でした。

 

ところが、後で登場してきたミニコンピュータを中心として、ユーザー単位ではなくなっていきました。複数のタスク(マルチタスク)を処理するオペレーティング・システムとしての役割が主となっていき、今日のパーソナルコンピュータへとつながる利用法が一般的となっていったのです。

 

このような研究をまとめた主な論文や著書は、1956年『自動機械研究』(C.E.シャノン共著)、1958年『常識を持つプログラム』、1962年『時分割計算方式』、1974年『人工知能』、1977年『LISPの歴史』、1980年『非単調論理の定式化』などがあります。

 

シンギュラリティが目前に来るといわれている今、ジョン・マッカーシーの足跡をどう継承しながら、発展させていくかがこの数十年間で、各研究者に問われていることでしょう。

 

 

 

 

 

ジョン・マッカーシーが人工知能研究の発展や産業へ貢献した功績

1950年代から人工知能分野のリーダーとしてけん引し続け、今の人工知能の礎を築いた人物の一人として、代表する業績だけでもこれだけ挙げることができます。

 

 

・1971年 チューリング賞受賞

・1985年 人工知能国際会議(IJCAI)研究特別賞受賞

・1988年 京都賞受賞 先端技術部門

・1991年 ブッシュ大統領(父)からアメリカ国家科学賞受賞

 

 

プログラミング言語史上、初の高水準言語であるFORTRAN が生まれた1956年からたった3年後、今度は計算機科学の世界で、ジョン・マッカーシーは20世紀最大の発明といわれる記号処理用プログラミング言語「LISP」を開発しました。すぐに人工知能研究用の言語となり、今も使用され続けています。

 

また、1台のコンピュータのCPUをユーザー単位に時分割で共有できるようにして、複数のユーザーで同時にコンピュータを利用できるようにした、タイムシェアリング・システムを実現しました。

 

これにより、インターネットは爆発的に発展していきました。タイムシェアリング・システム以前は「サーバ」、現在では「クラウドコンピューティング」と呼ばれているものが、タイムシェアリング・システムそのものということになります。

 

昔から議論と研究が重ねられている、機械が知能を持てるかどうかは、「人工知能」という用語が誕生してから何十年もの間、一般人にとってはSFの世界のような存在であり、架空の存在でした。

 

証明できる形にすることが、人類にとって大きなテーマの一つであることに変わりはありませんが、少しずつ、その兆しは見え始めています。コンピュータチェスや以後・将棋で人との対戦がすでに実現しました。パソコンやスマートフォンの進化が目に見えて実感できるようになっています。

 

このように、人工知能やコンピュータが日々進化していく過程で、日常世界の細部にまで恩恵を受けられるのは、ジョン・マッカーシーのおかげだといえるでしょう。