今、情報化社会を一変させる可能性を秘めた、発展途上の研究分野に熱い注目が集まっています。

それが「人工知能」という分野です。

これまで、コンピュータやインターネットといったIT技術は、あっという間に私たちの生活に溶け込み、定着し、もはや日常生活でなくてならないものとなっています。

それを上回る技術として期待されているのが「人工知能」なのです。

人工知能=AI(artificial intelligence)という言葉は1956年ジョン・マッカーシーによりダートマス会議で初めて使われました。

ただし、現在その意味や使われ方は非常に曖昧になっています。

研究分野としての「人工知能」には汎用人工知能と特化型人工知能があります。

2つの分野を比べると

 

『人間の知能と同等な機械を作り出す研究』

→汎用人工知能

 

『特定分野において人間以上のスペックを持った知能を作り出す研究』

→特化型人工知能

 

であり、現実的な方向としてどんどん研究が進んでいるのは、後者の方になります。

すでに、人工知能技術がベースとなっている「自律型ロボット」「IoT(Internet of Things)スマートハウスやスマートグリッドなど」「ビッグデータ(事業に役立つ知見を導出するためのデータ:総務省より)」

といったツールが登場しています。

これらは、私たちの単なるサポートツールという役割だけではありません。

仮にコンピュータ自身が思考を持ち、人間以上の役割をはたすことができたなら、人工知能の機能の差が生活やビジネスの優位性を左右する可能性があります。

本章では人工知能がこれから私達の生活にどのような影響をあたえていくのか、どんな未来が待っているのかを考えていたいと思います。

人工知能が変える日常生活

「人工知能」というと未来のことのようですが、実はもう、身近なところで「人工知能」を見たり、利用したりしているかもしれません。

例えば、企業の窓口やイベントなどに登場している、アイロボット社のお掃除ロボット「ルンバ」、自分の思考で会話できるソフトバンク社の「Pepper」、会話しながらコンシェルジュの役割をしてくれるAppleのiPhone、iPad、iPod touchに入っている「Siri」、同じくコンシェルジュ的な役割とルーチン業務を表示してくれるGoogle社の「Google Now」などです。

10代20代などスマートフォンが当たり前の世代にとって、「Siri」「Google Now」などは既に一般的な機能として浸透しているようです。

他にも「人工知能」が実用化され、活躍している場はたくさんあります。

地雷除去、海洋探査、人命救助、ピラミッドの発掘調査などの現場レベルで活躍する「人工知能」は今後も増えていく事が予想されます。

特に地雷除去など従来の形では人の命が危険にさらされるような作業を、機械が人間の代わりに引き受けてくれることによって、人命を優先する必要がない効率的な作業が期待できるようになります。

日進月歩で技術は進んでおり、無人航空機(ドローン)での配送システム、ロボットや遠隔操作による自動車運転、会話をしながら同時通訳になるリアルタイム翻訳など、人間の感覚的な部分をも含んだ知性が、まさに「人工知能」に移行される入口の時代を迎えようとしています。

「人工知能」がもたらす影響や恩恵は大きく、私たちの日常生活は変革に向けての大きなカーブに入ったといってよいでしょう。

人工知能がもたらす未来とは

ニュースとして話題になるのは、「人工知能」を搭載した人型ロボットや囲碁などのコンピュータです。

ところが、もっと現実的にこの10年ほどの間に大きく伸びると予測されるのは、「自律型ロボット」や専門的な分析を行う「エキスパートシステム」だという見方があります。

単なる予測ではなく、市場的な数字の読みによる、現実味のある予測です。

実際アメリカの金融街ではFinance(財政)とTechnology(IT技術)を掛けあわせたFinTech(フィンテック)という言葉がトレンドになっており、2015年のアメリカにおけるFInTech企業への投資額は96億1,800ドルにも達しています。(ちなみに日本は5,400ドル)

この動きからもわかる通り、これまで人間が仕事や職業としてきた部分がすさまじい勢いで淘汰され、人工知能によって消えていく仕事が出てくる事が考えられます。

長年、国家プロジェクトとして「人工知能」研究を続けてきたアメリカでは、今後、66%の労働が「人工知能」に代わっていくという予測が出ているほど(オックスフォード大学調査)です。

未来には、人間と同等レベル、あるいはそれ以上の知性を持った「人工知能」が完成するといわれています。注目を集めている今だからこそ、「人工知能」のあるべき姿や道筋を考えておく必要があるでしょう。